に投稿 コメントを残す

「珈琲」と「西洋薬」「漢方」の飲み合せ

皆さんは「珈琲」が、「薬」として飲まれていた歴史がる事をご存知ですか?「珈琲」は、その芳醇な香りと、酸味、甘くもありほろ苦い不思議なテイストが、古来から人々を魅了してきたとも言われる、味わい深く興味深い飲み物です。目覚めの一杯、ランチの後の一杯、仕事の後の一杯などと、「珈琲」を飲む事が、生活の中で習慣化されている人々も多くいらっしゃるのではないでしょうか?「珈琲」が発見された歴史については、エチオピアの山奥で発見されたですとか、アフリカ大陸の原生林に生えていたですとか、様々な謂われがありますが、これほどまでに、世界中で愛されるようになった理由には、「珈琲豆」に含まれる「カフェイン」の存在が大きいように考えられます。「カフェイン」は、身体の疲労を回復させ、脳が覚醒する事で集中力を高め、運動能力を高める作用があると考えられています。古来から語り継がれている事柄には、「珈琲豆」の赤い実を食べた僧侶やヤギ、野鳥などが、元気に暴れ回ったなどのいくつかの伝説が残されているそうです。そのような言い伝えから、「珈琲」は、万病予防などとうたわれ、古くは「薬」として扱われていたようです。現代では、街かどの喫茶店などで、「珈琲」を飲む人々が「薬」を飲んでいるという感覚は、当然、無いであろうと思われますが、「珈琲」と「薬」や「漢方」などの飲み合せに関しては、様々な考え方があるようです。化学的に合成された「西洋薬」は、お水や、温い白湯などで、薬を服用する事が望ましいと考えられていますので、「珈琲」と「西洋薬」を一緒に飲む事は、「カフェイン」との成分の重複や、それらの反応から副作用が出てしまう可能性があるので控える必要があります。薬品には、その薬品名ごとに、一緒に飲んではいけない飲み物や食品がありますので、その有無は、服用する薬品ごとに確認が必要です。また、「漢方」に関しては、「珈琲」との服用の相性が良いという説もあるようですが、「漢方」自体が、患者さん個人の体質や、症状に合わせての調合を行う事が基本ですので、薬の組み合わせや服用する飲み物も基本的には、個人に付随する問題とも考えられますが、「珈琲」に含まれるカフェインの作用を踏まえますと、「珈琲」での漢方の服用は避けるべきではないかと思われます。実際には、生薬の冬虫夏草や霊芝などが入った珈琲や、お茶などの販売はされてはいますが、皆さん個人の体調に合わせて試してみる必要があるのではないかと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です