に投稿 コメントを残す

花粉症のお薬とヒスタミン

「花粉症」は、鼻や目の粘膜を刺激するヒスタミンと呼ばれる物質を、皆さんの体内の免疫システムが、花粉に反応して作りだしてしまうアレルギー反応なのです。体内の免疫システムが、花粉を攻撃するのではなく、どうして人体を攻撃してしまうのかと言いますと、花粉を身体の中から追い出そうと、免疫システムが頑張って働いている時に、ヒスタミンを出して花粉を追撃しているのです。そのヒスタミンと呼ばれる物質が、皆さんの鼻や目を刺激してしまう材料となり、鼻水やら、涙がとまらなくなってしまうようなのです。花粉を追い出そうとする免疫システムの行動が、皆さんを苦しめている訳なのです。花粉症の症状を和らげようと、皆さんヨーグルトや関連サプリや、健康食品、野菜ジュースなど、様々な対策を試みていらっしゃるようですが、最近、注目されている花粉症の治療法として、「舌下免疫療法」があります。2014年から健康保険が適用となり、その認知も広まったのではないかと思われますが、花粉のエキスを舌に投与する事で、アレルギーの反応を抑えようとする治療であるようです。花粉症の治療薬としては、抗ヒスタミン剤などが使われていますが、抗ヒスタミン剤の副作用として、個人差はありますが「眠気」を感じる人が多く、お仕事柄、どうしても抗ヒスタミン剤を服用することができない人もいますので、今後も様々な花粉症の治療法が開発されていくと良いですね。お薬を頼るのではなく、食生活や生活リズムの改善を目指す人々もいらっしゃいますが、花粉症の根本となる免疫システムを調整する役割を果たしてくれる食品などは、碾茶、しそ、トマト、乳酸菌、ポリフェノールなどが代表的です。関連のサプリなども利用してみる事も良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です