に投稿 コメントを残す

ミネラルの働きについて

脂溶性ビタミンというのは使い切れなかったら肝臓や脂肪細胞に蓄積されるそうです。そのため、急性中毒や頭痛や食欲不振、疲労、吐き気などの過剰症の心配があるそうです。普通の食品からとっている限り、ほとんど危険はないそうです。サプリでとる場合は注意をしなければんらないそうです。ミネラルというのは、人間のからだの96%は酸素、炭素、水素、窒素の4元素で構成されていて、残りの4%の、それ以外の元素をまとめたものをいうそうです。ミネラルは約8割が骨、1割が筋肉に存在しているそうです。ミネラルはビタミンと同じように人間の体内では合成できないそうです。食事からとる必要があるのですが、からだの中で絶対に欠かせない働きを担っているのが「必須ミネラル」というそうです。一日に100mg以上の摂取が必要となるものを「主要ミネラル」というそうです。カルシウム、リン、カリウム、硫黄、塩素、ナトリウム、マグネシウムの7種類があるそうです。ミネラルというのはそれ自体がエネルギー源になるわけではないそうです。ミネラルの働きというのは大きく分けて4つの働きを持っているそうです。①歯や骨などの構成成分となるそうです。②筋肉、皮膚、臓器の構成成分となる。③体内で浸透圧やpHを調節する。④体内の化学反応に関わる酵素の働きを助ける補酵素として働く。だそうです。食事からとるミネラルが不足したり、過剰になりすぎると、欠乏症や過剰症が現れるそうです。血液中のカルシウムは常に一定の濃度を保っていなければならないそうです。そのため食事から十分にミネラルがとれないと骨からカルシウムを取り出してしまうそうです。これが骨粗鬆症を招く要因だそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です