に投稿 コメントを残す

三大栄養素の相互関係について

エネルギー源となる3大栄養素は、必要に応じて不足を補ったり、余剰分を蓄えたりする仕組みを持っているそうです。糖質を余分に取れば、余った分は脂肪になって脂肪細胞に蓄えられるそうです。タンパク質も余ったものは脂肪やブドウ糖に変換されるそうです。ブドウ糖は血糖として利用されるそうです。脂肪は脂肪細胞に蓄えられるそうです。糖質や脂質が不足してしまうと、タンパク質を構成するアミノ酸からブドウ糖や脂質がつくられるそうです。脳というのは1日に120グラムのブドウ糖を必要とするそうです。これが食事でブドウ糖を十分に補給されないとなると、食事でとったタンパク質のアミノ酸からブドウ糖をつくることになるそうです。それでも足りないと、筋肉などのタンパク質からブドウ糖を捻出することになるそうです。ダイエットなどで糖質や脂質をカットするような食生活を続けていると、からだを作るタンパク質が足りなくなってしまうそうです。それだけではなく、体内のタンパク質がどんどん壊されてしまうということが起こり、健康を害ってしまうということになるそうです。タンパク質は不足してしまっても、脂質や糖質からのサポートがないそうです。食事でタンパク質不足を招かないようにしなければならないそうです。食品の一次機能として、からだ成分をつくる、エネルギーを生み出す、体調を整えるという栄養機能があるそうです。二次機能香りや味、色、歯ざわりなどの五感に関わる「おいしさ」という感覚機能だそうです。三次機能というのは、食品成分の持つ生体防御作用や体調リズムの調節、老化の抑制、病気の防止や回復などに関わる生体調節機能ということだそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です