に投稿 コメントを残す

「菌類」の姿かたちと人間の暮らし

人間の皮膚の上には、1000種類以上の「菌類」が生活している事をご存知ですか?お口の中の「虫歯菌」も、「菌類」の一種です。私達の身の周りの「菌類」には、悪さをする菌類と、良い影響をもたらしてくれる菌類など、様々な菌類が生存しています。良い「菌類」は、日本人の生活に欠かす事のできない「お醤油」や「お味噌」を作る時の「麹菌」となってくれます。また、最近、健康ブームの中で流行っている「甘酒」も「麹菌」によって、皆さんを楽しませてくれる「菌類」なのです。皆さんの食卓に並ぶ「菌類」もいます。「きのこ」です。「きのこ」は、野菜ではなく「菌類」なのです。人類の歴の中で、「きのこ」は長いこと植物の一種であると考えられてきたので、現代の私たちにとっても、「きのこ」が野菜であるという考えをもつ人は少なくないのではないかと思われるのですが、「きのこ」は、りっぱな「菌類」であります。「菌類」としてお「きのこ」の生態をよく表わしているものの中に「冬虫夏草」があります。「冬虫夏草」は、中国の漢方としても有名な「きのこ」なのですが、その胞子は、昆虫を宿主とする事で、「きのこ」が生えてくるのです。「冬虫夏草」の「菌」に感染した昆虫の養分を吸収することで成長する「きのこ」なのです。きのこは、「菌」によって形作られているのです。私達人間も、たくさんの「菌類」と闘った共存しながら暮しています。「菌類」の存在を知る事は、地球や生物の事を知る上で、大変重要な事だと考えられています。私達の暮らしが、「菌類」のような微生物によって支えられている事実を知りながら、よりよい暮らしのアイディアを構築していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です