冬虫夏草という「きのこ」

皆さんは、「冬虫夏草」という「きのこ」の存在を知っていますか?

中国のスポーツ選手が、「冬虫夏草」の効果によって、滋養を育んだというような話を小耳に挟んだ事がある人もいるのではないでしょうか?

スーパーでみかけるような、椎茸や舞茸、松茸などの「きのこ」の姿とは異なるのですが、同じ「きのこ」の菌類として、日本でも森や都市部などの様々な環境でその存在が発見されています。

その一番の特徴は、昆虫などの虫から、生えてくるという姿形になります。

「冬虫夏草」は、昆虫や菌類など、自分以外の生物に寄生する事で、その栄養分を自身に蓄え成長する「きのこ」になります。

少しイメージしにくい成長課程ではありますが、そのユニークな生態から、漢方としても珍重されるような「きのこ」が生まれるのです。

中国では古来から、漢方として生活の中に、取り入れられてきたようです。

日本でも、冬虫夏草の研究を行う人々はみられますが、その生態については、多くの謎が残っているようです。